夏風邪になる原因と対処法とは?

こんばんは、貝塚新井鍼灸マッサージ院です。

 

最近は暑い日もあれば雨が降ると肌寒い日もありますね。

 

こんな不安定な気候が続くと体も不調になりがちです。何となく体がだるい、のどやお腹の調子が良くない、といった症状があれば「夏風邪」かもしれません。

 

夏風邪は時に「お腹の風邪」と呼ばれ、腹痛や下痢といった症状が表れます。

もう一つの特徴として、のどの痛みがあります。

 

夏風邪に限らず、風邪の原因はウイルスによるものがほとんどです。

そのウイルスの多くは、低温で空気が乾燥した状態を好むことから、流行するのは冬場が多く、この状態を好む物にインフルエンザも含まれます。

 

しかし、夏風邪を引き起こすウイルスは高温で湿度の高い環境を好みます

 

代表的なのは「エンテロウイルス」と「アデノウイルス」です。「エンテロ」は腸、「アデノ」はのど、という意味で、これらのウイルスが活発に活動することでお腹やのどが痛くなりやすいのです。

 

夏風邪は、夏バテをして体力が低下している時にウイルスに感染しやすくなってしまうので、まずはしっかりと睡眠をとって体力を回復させることが大切です。

 

また、熱が出ていなければ入浴でリフレッシュすることも良く、新陳代謝が上がるだけでなく、副交感神経の働きが良くなって免疫力が上がるので、軽い症状なら改善することもあります。

 

熱が出た場合は、冬の風邪のように布団にくるまって汗をかくという方法は有効ではありません。

 

なぜなら、夏風邪のウイルスは高温多湿を好むので、体温を上げても簡単に弱まってくれないからです。

 

もし熱が出てしまったら、水分補給をしっかりして、ぐっすりと眠ることが早い回復への近道になります。

 

 冬の風邪は「飛沫感染」が多いのに対して、夏風邪は「経口感染」が多くみられます。家庭内に夏風邪をひいている人がいる時は、タオルなど共有しないことがポイントです。

 

さらに、これからはエアコンで冷やし過ぎることにも注意が必要です。室内と外との温度差で体が対応できずに自律神経が乱れやすくなります。

自律神経が乱れると、免疫力が低下してウイルスに感染しやすくなるので注意しましょう。

 

私も経験しましたが、夏風邪は長引きやすく、治りにくいものです。早く治すコツは、しっかり睡眠をとって休養することです。

 

ちょっと頑張り過ぎている人は、ゆっくり休息を取って体を労わってあげてくださいね (^^)

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

「猫背矯正」ってどんな治療ですか? 詳細はこちらから