よく噛むと良い理由とは?

こんばんは、貝塚新井鍼灸マッサージ院です。

 

皆さんは食事のとき、よく噛んで食べていますか?

 

健康な体を維持するためには、よく噛んで食べることが大切です。いつもかきこんで食べている人は要注意です!

早食いは消化不良だけでなく、虫歯や肥満になる恐れがあります。

 

なぜよく噛まないといけないのでしょうか?

 

口に入れた食べ物は、歯で噛み潰して唾液と混ざることで、内臓での消化がしやすくなりますが、ほとんど噛まないで飲み込むような食事を続けていると、胃が必要以上に働かなければならなくなります。

 

その結果、胃酸過多による胸焼け、胃もたれなどが起きやすくなります。また内臓の調子が悪くなることで、お肌の健康維持に必要なビタミンなどの栄養が体内に行き渡らなくなってしまいます。

 

もう一つ、噛まずに食べると唾液があまり出ません。唾液の量が少なくなると、口内の雑菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯肉炎などの歯周病のリスクが高まります。

 

よく噛むと得られるメリットとは?

 

よく噛むことで痩せやすくなるという効果があるのです!

 

食べ物を噛む回数の目安は、約20~30回が理想だと言われています。よく噛んで食べることで、満腹中枢に「しっかり食べたよ!」という情報が伝わり、その結果過食を防ぐためダイエット効果がもたらせるというのです。

 

また、よく噛むことは内臓での消化吸収を助けて、内臓からくる肌トラブルを改善、さらに唾液の分泌が良くなって歯周病の予防ができると同時に、アゴの筋肉を使うことで、フェイスラインが引き締められるといったメリットもあります。

 

お腹が空きすぎると、よく噛まずに食べてしまう傾向がある方もいらっしゃると思いますが、食事をゆっくりと味わって頂きましょうね (^^)

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

「猫背矯正」ってどんな治療ですか? 詳細はこちらから