これから気をつける食中毒の対策とは?

こんばんは、貝塚新井鍼灸マッサージ院です。

 

梅雨から夏にかけて発生しやすいのが「食中毒」です。

 

食中毒の主な原因となる細菌は、気温が暖かく、湿気が多くなる梅雨から夏にかけて増殖が活発になります。

特に「腸管出血性大腸炎(O-157など)」「サルモネラ」による食中毒が多くなります。

 

主な症状は、腹痛や下痢、おう吐や吐き気ですが、食中毒と気づかれずに重症になったりするケースもあります。

 

食中毒は家庭の中でも発生することも珍しくありません。

 

特に、肉や魚には食中毒の原因となる菌やウイルスがいると仮定して、取扱いに気をつけましょう。

 

厚生労働省では、食中毒菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」を食中毒予防の3原則として掲げています。

 

●「つけない」・・・洗う、分ける

食中毒の原因菌やウイルスを食べ物につけないように、こまめに手を洗いましょう。包丁やまな板などは使用するごとに洗剤で洗って、できるだけ殺菌しましょう。

 

●「増やさない」・・・低温で保存する

細菌の多くは10℃以下で増殖のペースがゆっくりになり、15℃以下で増殖が停止します。肉や魚、野菜などの生鮮食品は購入後、すみやかに冷蔵庫に入れましょう。また庫内の温度上昇を防ぐために冷蔵庫の開けたり、食品の詰め込みは控えましょう。

 

●「やっつける」・・・加熱・殺菌処理

ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅するので、しっかり加熱してから食べましょう。また、肉や魚などを扱った調理器具は洗って熱湯をかけるか、台所用の殺菌剤を使って殺菌しましょう。

 

*もしも症状が出たら早めに受診しましょう!

多くの食中毒の症状は、細菌、ウイルスが体内に入った1~2日後に起こりますが、細菌の種類によっては食後30分程度で起こったり、逆に1週間後に起こることもあります。おう吐や下痢など食中毒と思うような症状が見られたら早めに病院へ行きましょう。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

「猫背矯正」ってどんな治療ですか? 詳細はこちらから