どうして体には水分が必要なのでしょう?

こんばんは、貝塚新井鍼灸マッサージ院です。

 

人間の体の約60~70%は水分だと言われています。この水分は、体内への栄養分の運搬、老廃物の排泄、体温調節などの働きのために必要なだけでなく、血液や細胞間にも存在しているのです。

 

そのために、排泄や発汗によって体内の水分が失われれば、それを補う必要があるのです。

 

また、体内の水分には塩分が溶け込んでいます。この塩分は食べ物から補給していますが、ある一定の濃度を保つことが生命の維持に必要なものです。

 

たとえば、血液から水分だけが出てしまうと塩分濃度の高い、ドロドロっとした血液になるのです。そうなってしまうと、血流も悪くなって、血管が詰まりやすくなって心臓にも負担がかかることになります。

 

では、体内の水分が欠乏すると、体にはどんな不調が現れるのでしょうか?

 

欠乏率

1%・・・のどが渇く

2%・・・強いのどの渇きを覚える、ぼんやりする、食欲減退など

4%・・・疲労、吐き気、感情の不安定、動きが鈍るなど

6%・・・手足が震える、頭痛、体温が上昇する、脈拍・呼吸が上がる、皮膚は紅潮するなど

10%・・・失神、舌の膨張、筋けいれん、血液濃縮、腎機能不全など

15%・・・皮膚がしなびてくる、目の前が暗くなる、目がくぼむ、舌がしび、皮膚の感覚が鈍るなど

20%以上・・・生命の危険、死亡する

 

特に子供や高齢者には注意が必要です。

 

乳幼児期は成長する時期であり、水分を必要としますが、自分では水分が不足しているかどうかの判断ができません。

 

また、高齢者の方もエアコンをうまく活用できていない所もあります。訪問で伺ってもクーラーも入れず、暑い部屋で寝ている方もいらっしゃいます。

 

水分摂取のポイントは、

「少しずつ」・・・一度にたくさんの水分を摂取してもうまく吸収することができないので、こまめに少量の水分を摂取するようにしましょう。

「早めに」・・・「のどが渇いた」というタイミングでの水分摂取は遅すぎます。意識的に水分摂取を行なうようにしましょう。

 

これからの時期、曇っていても湿度が高いと熱中症になる恐れがありますので、上手にエアコンを利用し、水分を補給して体調に気をつけてくださいね (^^)

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

「猫背矯正」ってどんな治療ですか? 詳細はこちらから