梅雨の体調不良の対処法とは?

こんばんは、貝塚新井鍼灸マッサージ院です。

 

梅雨に入ってからはうっとうしい天気が続きますよね (^_^;)

 

梅雨の時期ってどうしても体がだるくなってしまいます。

 

どうして体がだるくなるのでしょう?

 

梅雨の時期の倦怠感や抑うつは、気分的なものではなく、気象医学から言うのには「気圧」特に低気圧による体調の変調なんです。

 

関節の痛みも出やすくなりますが、関節の内部でも場所によると陰圧な部分があるのですが、低気圧でさらに陰圧になるためなのです。

 

また頭蓋内圧も個人差があって、低気圧の時に頭痛や抑うつの原因になります。

 

体は湿度というストレスを受けているので、食からのストレスを与えないようにすることも必要です。

糖質が多く摂り過ぎたり、揚げ物には要注意です。

 

気象の変化に引き起こされる梅雨の時期の体調不良ですが、気象の変化に負けない体作りが大切です。

 

普段から規則正しい生活を心がけて、十分な睡眠を取ること。バランスの良い食生活や適度な運動が何よりの予防・改善の方法です。

 

その他に、ゆっくりと入浴するストレッチも効果的です。

 

梅雨はジメジメして気分が優れないものですが、早めの予防や体調管理で乗り切っていきましょう!

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

「猫背矯正」ってどんな治療ですか? 詳細はこちらから