腰のカーブが少ない人が気をつける事とは?

こんばんは、V-Style 大阪松原院・猫背マイスターの北田です。

 

本日は、前回お伝えした腰の前弯が強いタイプとは反対に「腰椎の前弯減少」のタイプについて書きます。

 

このタイプの人は、うつぶせになって腰をさわってみると、腰のカーブが少なく、腰痛がまっすぐになっています

 

イスに座っても、すぐに腰が丸まってしまいます。

 

腰が丸まってしまうので、長時間の車の運転やデスクワークなどで腰痛を起こしやすくなります。

 

姿勢も悪く猫背になりやすいので、腰痛だけでなく、背中の張りや肩こりなどの症状が出てきます。

 

また、中腰の姿勢が苦手で、掃除機や風呂そうじなどの作業をすると腰痛を起こしやすいです。

 

腰の筋肉は緊張が強い状態のことが多く、慢性的な腰痛の症状を感じています。

 

筋肉系の腰痛を起こしやすいので、重い物を持ち上げる時に注意が必要です。

 

その他の特徴は、

 

・腰やお尻の筋肉が硬い

・太ももの裏やふくらはぎがパンパンに張っている

・坐骨神経痛になりやすい

・体を前に倒す動作がつらい

 

などがあります。

 

このタイプは疲れがたまると腰痛が出やすいので、普段からストレッチなどで筋肉の疲労を取ることが大切です。

 

お風呂で温まって血行を良くするなどの工夫してください。

 

腰の前弯が強くても少なくても、日頃のケアが大事ですので、調子が悪くなる前に早めの治療をおすすめ致します。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

「猫背矯正」ってどんな治療ですか? 詳細はこちらから